« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

研修124日目、晴れ、のち曇り

風が強く、少し冷え込んだ。
棚補修作業。中柱位置調整と線の交差部分調整。

太さ1.2mmの18番線ユニクロ針金を使って
高張力線の交差部分を結線していると、
太い針金を使うと手間がかかる、
太さ0.9mmの20番線ステンレス針金で十分
とアドバイスいただく。

ユニクロ: 電気亜鉛メッキ後、化学研磨作用を利用して、
光沢クロメート(bright chromate)処理を施したもの。
皮膜の主成分はクロム酸クロム。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月27日 (火)

研修123日目、晴れ、夕方雨

棚補修作業。
棚補修は中柱位置調整と線の交差部分調整。

交差クリップの請求書を受取り、\24,700という金額に驚く。
1本の単価は\24.7でした。
螺旋状に加工しているとはいえ、長さ26cmの針金が
4本で100円もするなんて、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

研修122日目、晴れ

棚補修作業。棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修は中柱位置調整と線の交差部分調整。
一部、交差クリップの締直しも始めている。
交差クリップ1000本入り一箱を購入済なので
作業中に足りなくなることはないだろう。
青線が入った交差クリップは12番線専用
であることを、後から知る。
外箱表示は下記の通り。
果樹園用巻付グリップF型、F-330
交差、1/2.6用、1000本入
発売元 カヤ産業、製造元 東神電気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

∞PVC、晴れ

六甲のマンション賃貸準備のため、
改装業者と打合せ。クロスとカーペットを選定。
クロス材質は普及品クラスでは、塩化ビニル製が主流。
塩化ビニル製の建設資材は、資源有効利用促進法の
施行に伴い、∞PVCマーク表示が義務づけられている。
カーペットはPETボトルリサイクル品を使用。
クロス: サンゲツ SP7223、SP7255、SP7243
カーペット: リリカラ エコレ40065 材料費2800円/㎡
和室を除き、リビング、洋室2部屋、トイレの内装工事
合計費用は20万円となった。
材料費は1/3。時間があれば自分で施工するのだが。
用事を済ませた後は、本屋で10時間過ごす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

帰敬、雨のち晴れ

享年99歳の往生を遂げた祖母のお葬式。
戦後の厳しい時代を耐え抜いた祖母に、
哀悼の意を表します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

研修121日目、晴れ、のち雨

棚補修作業。棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修は中柱位置調整と線の交差部分調整。
隣リの圃場の生産者の方から、当地区の
観場、鏡、林前という地名を教えてもらう。
電線が敷かれる前は、観場では、手旗信号を使い、
米相場価格を金山と通信していたらしい。
午後より研修関係者と月次打合せ。
出席者は普及指導センター2名、JAから2名、
町役場担当者は所用のため、今回は欠席。

今朝、祖母が他界したと知らせを受けました。
葬儀参列ため、大阪に向かいます。

# http://d.hatena.ne.jp/newking/20070222
# これの日記も見てねぇ
#  kazu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

研修120日目、晴れ

棚補修作業。棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修は中柱位置調整と線の交差部分調整。
周囲の生産者の方々から、若木の枝の伸ばし方や
中柱先端部分の結線方法について色々とご指導いただく。

自宅ではPHS基地局障害のため、E-mailが読めないので
JA事務所にPCを持ち込み、対応する。
隣りのPHS基地局は正常稼動していた。
PHSのサービスレベル保証について知りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

研修119日目、晴れ

棚補修作業。棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修は中柱位置調整と線の交差部分調整。
前回の2/7(水)に引き続き、
突如、普及センター技師が圃場巡回指導に来られる。
若木剪定について、巻きづる除去をご指摘いただいたので、
即日、対処する。

早朝より、自宅ではPHS不調により、ネット接続不可となる。
ウィルコムに問い合わせると、保守員の手配がつかず、
PHS基地局の障害調査は2/22(木)と返答あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

研修118日目、晴れ

棚補修作業。棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修は、トンネル1本につき、
天線1本、トンネル線2本、枝受線2本の合計5本セットの
高張力線を一度、周囲線から外して、再締付け。
トンネル16本分完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

研修117日目、晴れ

午前中、棚補修作業。
中柱位置調整と線の交差部分調整。
旧周囲線から外した横線の再取付け方法に悩む。
午後から柵原へドライブ。1991年閉山の鉱山資料館へ入る。
閉山理由は、輸入硫化鉄鉱との価格競争に敗れたことと
技術革新により石油から硫酸生産が可能になったから。
今でも鉱山跡では、坑道農業が営まれ、黄ニラ栽培の他にも、
坑道を利用したユニークな施設として、低酸素トレーニング走路
ハイポキマインがある。酸素濃度制御により、高地トレーニング
環境を人工的に作り出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

ボナンザ、雨

降雨のため、農作業は中止。
最近、長男から毎日、対局をせがまれ、将棋を指している。
木製の将棋駒さえ欲しがるようになった。
そして飛車落ちではあるが、ついに負けてしまった。
おそるべし勝負への執着心。
あとは最強フリーソフトのボナンザに任せよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

研修116日目、晴れ

棚補修作業は一休み。棚田でのカヤ刈り作業。
昨日の講習会を参考に若木を剪定。
34本の若木(未結実樹)を一文字型に仕立てる。
(生育が悪いため、現時点では、WH型までは無理)
途中、普及指導センター職員による圃場巡回があったので、
研修における学習機会の更なる充実をお願いする。
2年間という限定された研修期間の中で、
出来る限り、機会損失は最小限にくいとめたい。

昨晩、小学校のPTA集会に参加して、
卒業アルバムが無いことを初めて知る。
確かに1学年16名では採算が取れない。
DTPの勉強でも始めようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

研修115日目、晴れ

快晴ではあるが、風が強い。
棚補修作業。棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修は中柱位置調整と線の交差部分調整。
午後から初級者向けピオーネ栽培講習会に参加。
見事に管理されている圃場を見学させていただく。
実地見学が終わった後は座学。目に見える部分よりも
根の活性維持を強調されていた。
最後にぶどう棚補修資材の説明があり、
高張力鋼線の代用品として、プラスチック線材の製品紹介。
大日製罐からはディックエスター線、
セキスイからはエクセル線という名称で販売されているらしい。
線径4mmの8番線の引張強度は500kgあり、価格面、
強度面から見て、十分実用的なので導入検討を開始する。
夜はPTA集会に出席。会議終了は21時半。
はからずも結果的にドライデイとなった。
コーヒーは5杯飲んだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

研修114日目、雨のち曇り

朝から強い雨。農作業を諦め、自宅学習に切り替える。
果樹のバックナンバーを熟読。
ようやく午後より雨が止み、棚補修作業を再開。
棚補修の周囲線への結線はトンネル1本分だけ、
これでやっと14本分完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

研修113日目、晴れ

棚補修作業。棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修の周囲線への結線はトンネル2本分、
あとは中柱位置調整や線の交差部分調整等。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

研修112日目、晴れ

棚補修作業。周囲線への結線。
朝にトンネル1本分だけ終えて本日分終了。
10時より少年サッカー大会に付添い。
結果は準優勝。しかし長男はシュートを1本放っただけで
目立った活躍がなく、試合から消えている時間も長かった。
もっと基礎トレーニングを積み、今後の奮起に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

研修111日目、晴れ

棚補修作業。周囲線への結線。
午前中にトンネル2本分終えて本日分終了。
昼から家族とドライブ。
この3連休、当初スキーを計画していたが、今年は暖冬で、
県内のスキー場は休業に追込まれているため予定変更。
(なぜか長女が一番楽しみにしていた。
スキーウェアを手に入れたからかも知れない)
まず、岡山空港へ行き、3000m級の滑走路を見学。
空港売店では、ピオーネのコンポートが一瓶1500円で
販売されていた。加工品にして付加価値を高める工夫は重要。
次は倉敷へ。イオン倉敷に車をとめて、美観地区を廻り、
あとは本屋。やっぱり本屋は椅子つきに限る。
探していたチェリーコークをやっとジャスコで見つける。
デザインは20年前とあまり変わっていなかった。
21時帰宅。往復120kmのドライブだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

研修110日目、くもり時々晴れ

腰痛は何とか一日休養だけで治り、作業再開。
棚補修作業。周囲線への結線。
午前中にトンネル2本分終えて本日分終了。
午後からはウッドデッキ製作を半年ぶりに再開。
2×4ランバーに専用ペンキを塗り終えることができた。
DIYは自転車置場の設置以来、農作業が忙しく、中断していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

研修109日目、くもり一時雨

終日、断続的に雨が降る。
朝から腰痛。理由が特定できない。
1. 急な斜面(棚田)でのカヤ刈り
2. 周囲線結線時にトンネル線等を引っ張った
3. 家の周囲の畑の畦作り
どれも数時間、作業ペースを少し上げた程度。
とりわけ重労働に従事した訳ではない。
次回よりペースを上げる時は慎重にしなければならない。
実作業を諦め、圃場調査を実施。
鉄筋入コンクリート製の中柱の数量は本来なら321本のところ、
現状283本、欠損38本あることが判明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

研修108日目、くもりのち雨

棚補修作業。棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修は、昨日に引き続き、南端の周囲線にて、
トンネル線、枝受線、天線を結線する。
20本あるトンネルのうち、本日進捗3本。残り14本。
隣りの圃場にて、高圧洗浄機によるぶどうの木の皮むき作業を
行っていたので、見学させてもらう。
SSに500リットルの水を貯め、そこからポンプで汲み出した水を
150気圧かけて噴射。30分でタンクの水が無くなるらしい。
この一帯の圃場には潅水施設がないので、
SSを貯水タンク代わりにする等の工夫が必要となる。

SS: 一般名はスピードスプレーヤ。メーカは共立が有名。
丸山のみステレオスプレーヤと呼ぶ。
丸山は、1895年新潟県高田で創業、消火器製造のパイオニア。
ポンプ技術に優れる。
一方、共立は、1947年航空機エンジンの開発エンジニア達が
東京都杉並にて創業。1956年国産初のスピードスプレーヤ製造。
世界屈指の2ストロークエンジンメーカー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

研修107日目、快晴

棚補修作業。棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修は中柱の位置調整。
周囲線張替時に一時外していたトンネル線、
枝受線、天線を新周囲線に再び結線。
20本あるトンネルのうち、3本完了。
突如、普及センター技師が圃場巡回指導に来られる。
未結実樹の剪定は2月中旬以降でもOKという回答を得る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

研修106日目、快晴

普及指導センターより防除暦の説明を受ける。
暦通りに防除すると、年12回も必要となる。
ついに消防団に入団届けを出す。居住地区ではなく、
5km離れた圃場の方に入団することになった。
午後より、棚修理と棚田でのカヤ刈り作業。
端柱交換作業は完了。掘った穴は40個。
連日のスコップワークからやっと解放された。
穴掘り機械は6万円ほどで買えるらしいが、
使用頻度を考えて、今回は購入を見送った。
帰宅後、子ども達のリクエストにより、
畑でサッカー練習、小学校までのジョギング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

研修105日目、快晴

暑いくらいの陽気。
棚補修は端柱交換。棚田でのカヤ刈り作業。
端柱交換は3本完了させ、残すところ2本のみ。
夕食の支度で魚料理に挑戦し、見事に失敗する。
加工済冷凍食品で焼くだけだったのだが。

第41回スーパーボウルはコルツがベアーズを下した。
ベアーズは80年代、46ディフェンス、QBマクマーンなどに
強い印象があるが、最近は知らない。
高架鉄道"L"が走るwindy cityシカゴへ再び訪れてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

研修104日目、晴れ

町内ロードレースに参加。
2kmコースを走ったが、タイムは10分46秒。
体重は学生時代まで戻り、身軽になったはずなのに
小学生にも負ける無残な有様で、心肺機能復調の課題が
明確になった。まず、LSDトレーニングから始めることにしよう。
午後から棚田にてカヤ刈り作業していると、
生産者からエクセル使用方法について質問を受けた。
ノートPCを棚田に持ち込んで、即席PC講習会が始まった。
また、棚田の地主さんが隣りの里山で何かを掘っていたので、
聞いてみると自生している春蘭だった。一株分けていただき、
庭に植える。
棚補修の端柱交換作業は穴を掘っただけで進捗なし。
夕方、家族と1時間だけテニス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

時間どろぼう、晴れ

年に一度の学習発表会。
子ども達の成果を見るために小学校まで出かける。
エンデのモモをやっていた。早速、図書館で借りてくる。
本日の農作業は休み。週に一度は休養をとることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

研修103日目、晴れ、時々曇り

積雪は無く、時折、にわか雪が降る程度。
棚補修は端柱交換作業。棚田でのカヤ刈り作業。
端柱交換の作業進捗は3本のみ。
北側の20本を完了。残りは、南側5本。
現在借りている圃場の広さは、3反(30a)、
南西の角がとれているため長方形ではない。
東西方向は2m間隔の柱が20本、38m
南北方向は4m間隔の柱が20本、76m
作業中、地主が来られて、野良話。
昔は、お借りしている圃場以外にも手広くやっており、
ブドウだけで1町1反まで規模拡大していたとのこと。
そのうち、隣りのリゾートセンターから酒席の賑やかな
声が聞こえてきた。ぶどう生産者の総会が催されている
と巡回中のJA職員から教えていただく。

Coca-cola: まだ現物は見ていないが、
20年ぶりにチェリーコークが復活したらしい。
チェリーコークはフレーバーコーラの先駆け。
1984年のカンザス計画失敗が新製品開発の
引きがねとなったのか?
Toyota: 10年前、手放した前車は初代ソアラ。
直6DOHCエンジン(160ps)はYAMAHA製だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

研修102日目、晴れ、時々曇り

急に冷え込み、昼過ぎ、にわか雪。
棚田でのカヤ刈り作業。
棚補修作業は、トンネル線と枝受線を結線するために
古い周囲線を再利用して、新周囲線の内側に張線。
その後は、端柱交換に専念。本日進捗分12本。
40本中、残り8本。端柱の長さは、2m50cmもある。
スコップで深さ40cmの穴を掘り、コンクリート製の
受石を地中に埋め込み、柱の沈下を防止する。
実際に穴を掘り進めて、圃場は粘土質土壌であることが
よく分かった。肥料のもちがよいらしい。

Skype: 現在利用中のリアルインターネットプラスでは、
通信速度の力不足。従ってIDを取得しただけで、休眠中。
IKEA: 六甲には震災前まで、小泉製麻跡にイケアがあった。
そこで買ったソファが現在、居間にある。
引越しで部屋が狭くなったのでACTUSで買ったソファは
お蔵入り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »