« 研修124日目、晴れ、のち曇り | トップページ | 研修126日目、晴れ »

2007年3月 1日 (木)

研修125日目、快晴

朝はマイナス5度。畑は霜で真っ白。
陽が昇ると日差しが容赦なく照りつけ、
頬がいたくなるほど。
日没までサングラスを外すことも無く、
飲食を忘れ、昼食抜きで作業に勤しむ。
棚補修は、中柱位置調整と線の交差部分調整。
周囲線への結線。他にも、粗皮けずりを行い、
耕種的防除を徹底する。

昨日、娘が餅投げ大会があったと言って、
紅白の餅やお菓子を沢山持ち帰った。
餅の数は20個もあった。
近所で棟上式があったらしい。
娘は餅投げのために家を建てたと誤解していた。

|

« 研修124日目、晴れ、のち曇り | トップページ | 研修126日目、晴れ »

コメント

>娘が餅投げ大会があったと言って

いやぁ、カワイイですねー。アシカと笑っちゃい
ました。でもアシカもこの地に来るまでは
棟上げに福の種(モチ)を撒くなんて
知らなかったんですけど。

投稿: トド | 2007年3月 2日 (金) 23時29分

早速、夕食の鍋に餅を入れたのですが、
とても全部は食べきれませんでした。
一体、全部でどれだけの餅が準備されたのか、
気になるところです。

子どもの様子を身近に見ることができるのも
職住が近接した農業者の強みです。
今では子どもの同級生を全員、憶えました。

投稿: oooka | 2007年3月 4日 (日) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160446/5527495

この記事へのトラックバック一覧です: 研修125日目、快晴:

« 研修124日目、晴れ、のち曇り | トップページ | 研修126日目、晴れ »