« 研修461日目、くもり | トップページ | 研修463日目、雨のち晴れ »

2008年6月 4日 (水)

研修462日目、くもり

第1圃場にて若木の亜主枝整枝。
普及センタからの巡回指導を受け、摘心を始めてもよいとのこと。
葉緑素計にて葉色値を測定いただく。結果は43.2で標準値。
他には軸の太さを測り、樹の生育状況を調査していた。
低温が続いているので、ジベレリン処理にはフルメット混用にて
対処するよう勧められる。
第2圃場にて、新梢誘引と花穂整形。
こちらの巡回指導チームとは会えず、残念。

葉緑素計SPAD-502
農林水産省農蚤園芸局農産課の土壌作物育成診断機器実用化事業
(Soil & Plant Analyzer Development , 略称SPAD)において、
事業の実施主体とミノルタが共同開発した計測器

|

« 研修461日目、くもり | トップページ | 研修463日目、雨のち晴れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160446/21467516

この記事へのトラックバック一覧です: 研修462日目、くもり:

« 研修461日目、くもり | トップページ | 研修463日目、雨のち晴れ »