« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

神目小学校、晴れ

午前中、カヤ刈りと剪定。
午後から小学校で学習発表会。
全校生徒は75名と少ないので、
ほぼ全員、児童の顔は分かる。
残す行事は卒業式のみ。

生徒数75名、兄弟を集約した家庭数48に対し、
教職員は15名、 教育支援体制は手厚い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

歓迎ニューファーマー、雨

外温は7度もあり、珍しく霜がおりていない朝、
とても暖かく感じる。
圃場に向かう途中、見慣れない神戸ナンバーの
車が停まっていたので、声をかけてみると、
来月より研修開始予定の新規就農者だった。
まず廃園修復工事に取りかかってから新植するらしい。
新居ではTVアンテナ接続に困っていたようだったが、
こちらに引越してから、2年間、TVとは無縁の生活を
送っているので、力になれず。
視聴可能なTVチャンネル数すら把握できていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

剪定開始、晴れのちくもり

堆肥搬入完了。そして剪定開始。
夜から雨となる前に、第1圃場入口に
積み上げた堆肥の片付けを間に合わせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

防除暦説明会、快晴

ブドウ部会の栽培講習会。
普及センター技師による防除暦/農薬説明と剪定講習。
本年度の防除暦は、モスピランが必行防除から外れ、
応急防除扱いとなったため、必行防除回数は1回減の12回。
また、応急防除からアディオンが削除されたので、
防除暦に掲載された農薬は1剤減の27種類となった。

amazonにて4冊注文する。
"マイクロソフト戦記-世界標準の作られ方 " トム佐藤; 新潮新書
"日本の食と農 危機の本質" 神門 善久; NTT出版
"農協の大罪" 山下一仁; 宝島社新書
"絶対に使える英文eメール作成術" 大島 さくら子; 角川SSC新書

"日本の食と農"のみ2006/6/24刊行、その他3冊は今月の新刊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

人探し2、晴れ時々くもり

町北部にて人探し。前回は果実の実る秋だったが、今回は厳寒。
消防団から出動要請を受け、トレッキングシューズを履いて
出動。山道を踏み分け、そして北庄の棚田のあぜ道をたどり、
終日、行方不明人の捜索活動に従事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

消防団出初式、晴れ

機庫に7時集合。自宅を出るとき、外温はマイナス7度。
本番開始2時間前の7時半からリハーサルが始まるが、
とにかく寒い。分列行進を終えて、ようやく式典終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

起業への道標、晴れ

午前中、堆肥搬入作業の続き、
午後からスポ少練習の付添い。

先日の"農業者のつどい"パンフレットの
自己紹介欄には下記文章を載せて貰った。

町内初のニューファーマー支援事業の研修修了者として
ロールモデルになれるようStart Upに全力を尽くしたい

同じ地域、同じ作物でニューファーマー研修生が
来月から研修開始というニュースを聞く。
早く農業経営を軌道にのせて、農業参入の裾野を
広げないと、残された時間的猶予はない。

本日、Macintosh登場から25周年を迎えた。
SuperBowlで衝撃的な予告CMが放映されたのは1984年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

堆肥搬入、晴れのちくもり

町内の牧場に注文していた堆肥が届く。
トップカーを初使用、機械の威力は絶大で
強風のなか、運搬作業がサクサク進む。
しかし、圃場に轍の跡がくっきり残り、
踏み固められた地面を見ると、複雑な気分になる。
堆肥配布は、あと2本分を残したところで、
日没のため、未完。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

ワイルドライフマネジメント、くもりのち雨

毎年恒例の農業者のつどいに出席。
一昨年、担当者から受けた説明では
40才以上は激励会対象外という話であった。
しかし、いつのまにか基準が緩和され、
今年は新規就農者激励会の対象者となり、
記念品を授与された。(内容は農業本8冊)
講演で興味を惹いたのは、イノシシ対策の話。
イノシシ生態観察により、俗説の誤りを指摘。
例えば、忌避剤の効果は一時的に過ぎず、逆に
臭いの強いものは誘引物質になりかねないらしい。
講演者の江口祐輔氏に関するエントリーを見つけたので、
以下にリンク。
日本の野生イノシシ事情、今昔
http://ep.blog12.fc2.com/blog-entry-392.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

カヤ刈り再開、晴れ

昨日、車検を終えて、軽トラが戻ってきたので
カヤ刈り再開。
それにしても旧規格の軽トラは室内が狭い。

<軽自動車サイズの変遷>
昭和24年(1947年)全長=2,800mm、全幅=1,000mm、全高=2,000mm
昭和26年(1951年)全長=3,000mm、全幅=1,300mm、全高=2,000mm、排気量360cc
昭和51年(1976年)全長=3,200mm、全幅=1,400mm、全高=2,000mm、排気量550cc
平成 2年(1990年)全長=3,300mm、全幅=1,400mm、全高=2,000mm、排気量660cc
平成10年(1998年)全長=3,400mm、全幅=1,480mm、全高=2,000mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

芽座、晴れ

剪定鋏をノコギリに持ちかえて、
枯れ込んだ芽座を切り落とす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

スポーツ少年団サッカー町大会、くもりのち雨

町内に小学校は3校しかなく、半日で終了。
2戦とも完勝し、次は郡大会。

T90サッカーボールがパンクしたので、
ネットで探して、注文する。

E004402H_L - Share on Ovi SC0730-703 - Share on Ovi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

BMようりん施肥完了、晴れ

ホーレーにて中耕、BMようりんを施肥。
昨日、第1圃場に実施した同じ作業内容を
今度は第2圃場にて行う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

BMようりん、晴れ

早朝、マイナス7度をマーク。
夜間に降った雪が日陰に残り、運転が怖い。
現在、軽トラは車検のため、代車を使用中。
おまけにノーマルタイヤで2WD。
普及センター指導員に圃場へお越しいただき、
若木整枝の技術指導を受ける。
続いて、ブドウ部会長の来訪があり、
同様に、ご指導いただく。
ホーレーにて中耕、BMようりんを施肥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

瀬戸内海クルーズ、晴れ

日生港から鴻島へヨットでわたり、
親戚宅に一泊する。
牡蠣鍋をつつきながら、
援農と販売チャネル開拓を相談。
ここから牡蠣殻を持ち帰り、
石灰肥料として再利用できないか、
実現方法を検討したい。

20090114(015) - Share on Ovi 20090114(034) - Share on Ovi

20090114(010) - Share on Ovi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

ライ麦播種、くもり、にわか雪

早朝、建物火災発生。消防団員として出動。
時折、雪がちらつくが積もるほどではない。
カヤ刈りと粗皮削り。
カヤ刈り場所は、棚田の休耕田なので、
足場が悪く、作業進捗は遅い。
モグラの掘り起こした箇所に、
試しに緑肥用ライ麦を播種してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

モグラ出没、くもりのち雪

カヤ刈りと粗皮削り。
圃場にはモグラが掘り起こした跡が
至る所にあり、どこまて放置しておいても
許容範囲なのか、よく分からない。
作業途中に雪が降り出し、積もる前に撤収。

20090110(001) - Share on Ovi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

仮剪定完了、晴れのち雨

目覚めると喉の痛みを感じたが、
本日中に仮剪定を終わらせるべく、
PL顆粒を服用してから、圃場へ出勤。
体を動かしていると、いつのまにか全快した。
仮剪定が完了し、次は若木の整枝。
どの枝を残すか、判断がつかない箇所があるので、
普及センター技師にご教示いただくことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

若木の整枝、晴れ

日中は10℃を超える日が続き、暖かい。
年末にスタッドレスタイヤに履き替えたものの
全く出番なし。
樹勢を観察しながら、仮剪定と若木の整枝を行う。

20090106(010) - Share on Ovi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

仮剪定、晴れ

圃場出勤前に娘を図書館に送り届ける。
まだ小学校は冬休み中、家に残しておくには、
あまりにも寒く、住環境整備は大きな課題。
そして明日は図書館休館日なので、
圃場まで連れてこなくてはなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

神戸最終日

午前中、三宮で買い物を済ませ、午後から帰路に就く。
帰路は、六甲トンネルを抜け、山陽自動車道の和気ICで
おりるという3時間コース。
他にも、山麓バイパス-第2神明や中国自動車道などの
ルート選択肢がある。

買い物は農作業ログに使っているSLIM B6サイズの
コクヨのスケジュール帳。
ナガサワ文具センターでは在庫切れで諦めかけたが、
ようやくロフトで見つける。(amazonも在庫切れ)
このノートの欠点は7時始まりとなっており、
早朝5時半に作業開始する夏期には対応できないこと。

41wYDoA9tIL._SL500_AA280_ - Share on Ovi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

本屋巡り

子どもに直江兼続の本を買ってやると
いきなり続編ではなく、一巻目から読みたいと言う。
直江兼"続"と解釈したらしい。
自分用には山崎元の新刊を購入し、
今後の資産運用の参考にする。

要諦は、国内株4対外国株6の比率にして、
二つのETFに投資すること。
さらにリスクを回避するには、個人向け国債、
もしくはMRFに投資すればよい。
しかし、農業従事者として"人的資本"が少ない場合の
処方箋までは記されていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

年次目標

昨秋、2年間にわたる農業研修を終え、幸運にも
自然災害もなく、順調に就農を果たした。
但し、初年度は収量未達となり、生産力に課題を残したが、
敗因は過度の着果制限と判っているので、計画通りの
収量確保は難しいことではない。
逆に着果制限の効果は目覚ましく、予想以上に
着色良好であったため、収量を増やしても前年並みの
高品質を維持できるだけの栽培の工夫が必要。
いかに着果量(収量)と品質のバランスを保ちながら
販売金額を伸ばせるか、損益分岐点を意識した
農業経営に意欲的に取組みたい。

生産/販売の数値目標以外の到達すべき目標として
・作業効率化
・顧客層開拓
・外部発信力強化
・トレーサビリティ管理方法確立
に重点を置き、
並行して、JGAPやエコファーマー取得準備に着手する予定。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »