2009年1月26日 (月)

人探し2、晴れ時々くもり

町北部にて人探し。前回は果実の実る秋だったが、今回は厳寒。
消防団から出動要請を受け、トレッキングシューズを履いて
出動。山道を踏み分け、そして北庄の棚田のあぜ道をたどり、
終日、行方不明人の捜索活動に従事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

消防団出初式、晴れ

機庫に7時集合。自宅を出るとき、外温はマイナス7度。
本番開始2時間前の7時半からリハーサルが始まるが、
とにかく寒い。分列行進を終えて、ようやく式典終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

瀬戸内海クルーズ、晴れ

日生港から鴻島へヨットでわたり、
親戚宅に一泊する。
牡蠣鍋をつつきながら、
援農と販売チャネル開拓を相談。
ここから牡蠣殻を持ち帰り、
石灰肥料として再利用できないか、
実現方法を検討したい。

20090114(015) - Share on Ovi 20090114(034) - Share on Ovi

20090114(010) - Share on Ovi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

神戸最終日

午前中、三宮で買い物を済ませ、午後から帰路に就く。
帰路は、六甲トンネルを抜け、山陽自動車道の和気ICで
おりるという3時間コース。
他にも、山麓バイパス-第2神明や中国自動車道などの
ルート選択肢がある。

買い物は農作業ログに使っているSLIM B6サイズの
コクヨのスケジュール帳。
ナガサワ文具センターでは在庫切れで諦めかけたが、
ようやくロフトで見つける。(amazonも在庫切れ)
このノートの欠点は7時始まりとなっており、
早朝5時半に作業開始する夏期には対応できないこと。

41wYDoA9tIL._SL500_AA280_ - Share on Ovi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

宵祭り、くもりのち晴れ

子ども神輿を先導して、町内をまわる。
今年は軽トラの運転手を務めたので、全く疲労なし。
夜はスポーツ少年団ソフトボール監督宅に招かれ、
今シーズンを振り返りながら、慰労会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

人探し

長男が小学校最終学年のため、スポーツ少年団ソフトボール最終戦、即ち
引退試合の応援に行く予定が、消防団から非常召集がかかり、急遽キャンセル。
町内在住のお年寄りが病院から行方不明になり、一日中、津山で捜索活動に参加。
大人数を投入し、ローラー作戦を展開したにもかかわらず、成果があがらず、
日没で捜索は打切りとなったが、深夜、隣町にて無事保護された。
所持金を持たず、3日後に保護されるとは、水分や栄養補給はどうされていたのだろう。
強靭な生命力、底力を発揮されたからこそ生還に結びついたに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

ぶどう販売価格

朝、お彼岸供養。
ポートアイランドのIKEAに立寄り、
次は駅前ビル1階にあるスーパーにて、ぶどう店頭売価を調査。
一房あたりの価格は、藤稔とロザリオビアンコが980円、
ピオーネとマスカットとナガノパープルが780円。
品種別に見ると出荷価格と販売価格はリンクしていないようだ。
そしてピオーネ1kg箱になると、3980円。2kg箱の間違いでは ?
と思わせる高価格。しかも脱粒しているし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

暖簾の街

雨天のため、町内ソフトボール大会は延期。
スポーツ少年団関係者として運営に参加するはずだったが、
予定が無くなったので、家族を連れて、勝山へドライブ。
途中、久世の遷喬尋常小学校に立寄ってから、
県内第1号の町並み保存地区へ向かう。
午後からは雨があがり、散策を楽しむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

時間どろぼう、晴れ

年に一度の学習発表会。
子ども達の成果を見るために小学校まで出かける。
エンデのモモをやっていた。早速、図書館で借りてくる。
本日の農作業は休み。週に一度は休養をとることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

本屋巡り、曇り

3週間ぶりに完全休暇をとる。
朝から妻の休日出勤に付き合い、津山へ出かけ、
本屋を3軒はしごして、夕方帰宅。
夕食は、シチューと季節外れのボジョレーヌーヴォー。
子供が作ったバースディーケーキがデザート。
妻は本日で不惑の年を迎えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)